農林水産省メールマガジン 30・6・4 第795号です。農業関連の情報が満載

 

農林水産省メールマガジン 30・6・4 第795号

◇目次

1.先週の大臣会見
2.農林水産省の動き
3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年5月号の紹介)
4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
5.東日本大震災関連情報
6.その他新着情報
7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

 

1.先週の大臣会見

◇5月29日(火曜日)
平成29年度食育白書、食育月間、オーストラリア向け生鮮牛肉及びベトナム向け玄米の輸出解禁、水産政策の改革案、諫早湾干拓開門問題における和解協議、オーストラリア向け生鮮牛肉の輸出解禁、加計学園問題、公文書管理について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180529.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180529.html

◇6月1日(金曜日)
第23回農林水産業・地域の活力創造本部、平成29年度森林・林業白書、復興担当政務、水産政策の改革、加計学園問題、平成30年産米等の作付動向、復興担当政務を設置する目的及び福島県の水産業復興、公文書の書き換え問題、農地中間管理機構による農地集積について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180601.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180601.html

 

2.農林水産省の動き

(1)トピックス
◇平成29年度の「食育白書」及び「森林・林業白書」を公表しました

◯「食育白書」の概要
・第1部では、「多様な暮らしに対応した食育の推進」について特集を組み、食卓を囲み食事を共にする「共食」について、その状況とモデルとなる取組事例等について記述しています。

◯「森林・林業白書」の概要
・特集として、「新たな森林管理システムの構築」をテーマに、我が国の森林管理をめぐる課題や、「新たな森林管理システム」の構築の必要性、方向性等について記述しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
「平成29年度食育白書」の公表について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/180529.html
「平成29年度森林・林業白書」の公表について

(2)審議会等の予定
◇「食料・農業・農村政策審議会 第33回 家畜衛生部会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年6月8日(金曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会 第33回 家畜衛生部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180531.html

◇「平成30年度 第1回 木材需給会議」の開催及び一般傍聴について

・平成30年6月26日(火曜日)に、農林水産省において、「平成30年度 第1回 木材需給会議」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/180531.html

◇「第13回国際植物防疫条約年次総会(CPM-13)報告会及び植物検疫措置に関する新たな国際基準等の提案募集に関する説明会」の開催及び参加者の募集について

・平成30年6月13日(水曜日)に、農林水産省において、「第13回国際植物防疫条約年次総会(CPM-13)報告会及び植物検疫措置に関する新たな国際基準等の提案募集に関する説明会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は40名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/keneki/180530.html

◇明治150年特別トークセッション「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」の開催について

・平成30年7月3日(火曜日)に、「3×3 Lab Future サロン」(東京都千代田区)において、明治150年特別トークセッション「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」を開催します。本トークセッションは公開で、カメラ撮影も可能です。定員は80名です。
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/180530.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年5月号の紹介)

【全国の日本一を訪ねて】

全国各地の日本一にスポットを当てる新連載。
5月号では、水揚げ量日本一の千葉県銚子漁港を紹介します。

漁師が恐れる海の難所から、全国の漁船が集まる一大拠点に変わった銚子漁港。
立地や漁場の優位性だけでなく、漁船側と漁港側との経費負担の制度を見直したり、鮮度維持のために世界最大級の海水製氷工場を稼働させるなどの様々な工夫にズームインします。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1805.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

 

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「野菜で元気に!」、「誕生日にも注目して」、「旬のものを美味しく頂く」、「わかるかな?白書クイズ!(その2)」、「インカ帝国のユリ」、「レシピをもとに作ってみた」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「イノシシに遭遇したら・・・」でした。

春に出産の時期を迎え、これから活発になるイノシシ。最近では・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

 

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

 

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp
◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回選定)に係る優良事例の募集について ~見つけよう!今、元気なムラの取組~

・平成30年6月1日(金曜日)から平成30年8月13日(月曜日)までの間、内閣官房と農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回選定)の優良事例を募集します。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/180601.html

◇太平洋クロマグロ2017年生まれの加入量水準速報(2018年5月)について

・太平洋クロマグロの加入量水準について、2017年生まれの速報(第3報)を公表しました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/180601.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年6月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年6月)について、主産地等から聞き取りを行いました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/180601.html

◇奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の世界遺産一覧表への記載推薦に関する今後の方針について

・我が国が世界遺産一覧表への記載を推薦している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」について、先月に国際自然保護連合(IUCN)から延期の勧告を受けましたが、登録に向けた再スタートを切るため、平成30年6月1日(金曜日)の閣議において、推薦を一旦取り下げることが了解されました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/180601.html

◇フランスのランド県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

・フランスのランド県(Landes)における鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、平成30年5月30日(水曜日)に、同県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180530.html

◇平成30年産米等の作付動向について(第2回中間的取組状況)

・平成30年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付動向について、第2回中間的取組状況(平成30年4月末現在)を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/180530.html

◇農業競争力強化支援法に基づく事業再編計画の認定について(太田油脂株式会社)

・太田油脂株式会社(法人番号:4180301000553)から提出された「事業再編計画」について、平成30年5月30日付けで認定を行いました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/ryutu_siryo/180530.html

◇平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成30年4月末現在)

・平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年4月末)」、「民間在庫の推移(平成30年4月末)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180529.html

◇ベトナム向け日本産玄米の輸出について~日本からベトナムへ食用の玄米の輸出が可能となります~

・ベトナム向け日本産玄米については、日ベトナム間の植物検疫協議の結果、植物検疫証明書を添付することを条件に、食用に限り、輸出が可能となりました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/180529.html

◇オーストラリア向け日本産生鮮牛肉の輸出再開について

・農林水産省は、厚生労働省と連携して、オーストラリア政府当局との間で、日本産生鮮牛肉輸出再開のための協議を進めてきたところです。
今般、オーストラリア政府当局との間で、日本産生鮮牛肉の輸出条件を締結しました。今後、厚生労働省が定める手続に基づき認定を受けた施設から同国向けの輸出が可能となります。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180529.html

◇「インド洋まぐろ類委員会(IOTC)第22回 年次会合」の結果について

・平成30年5月21日(月曜日)から5月25日(金曜日)まで、バンコク(タイ)において「インド洋まぐろ類委員会(IOTC)第22回 年次会合」が開催され、インド洋におけるマグロ類の保存管理措置等について議論が行われました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180528_18.html

◇スウェーデンからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

・平成30年5月28日(月曜日)、スウェーデンからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180528.html

◇「北太平洋溯河性魚類委員会(NPAFC)第26回 年次会合」の結果について

・平成30年5月21日(月曜日)から5月25日(金曜日)まで、ハバロフスク(ロシア連邦)において、「北太平洋溯河性魚類委員会(NPAFC)第26回 年次会合」が開催され、条約水域における取締活動やさけ・ます資源に関する科学調査協力について議論が行われました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180528.html

(2)パブリックコメント
農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇植物防疫法施行規則の一部改正案等に関する意見・情報の募集について

◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(第1の別に定める「くろまぐろ」に関する事項の変更等)案に対する意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇農林水産省関係地域再生法施行規則の一部を改正する省令について

◇「独立行政法人農林漁業信用基金法施行規則案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「昭和四十六年七月十日農林省告示第千八十八号(海洋水産資源開発促進法施行令第二条第九号の農林水産大臣が指定する法人を定める件)の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(29年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び30年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「商品先物取引法施行規則の一部を改正する省令」について

◇「商品先物取引法施行規則の一部を改正する省令」について

◇「農業協同組合法施行規則及び水産業協同組合法施行規則の一部を改正する省令」について

(3)調査結果等
・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成30年6月4日~6月8日)(PDF : 131KB)~
http://www.maff.go.jp/j/tokei/attach/pdf/index-105.pdf

 

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇食育の週
~おいしい!国産食材で豊かで健やかな食生活~
平成30年6月4日(月曜日)~6月8日(金曜日)

第3次食育推進基本計画に基づき、政府及び農林水産省が推進する食育に関する展示を行います。
国産食材の紹介や講習会、調理のデモンストレーションを通じて、国産食材をおいしく食べ、豊かで健やかな食生活を実践することの重要性を伝えます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/180514_6.html

 

<編集後記>
先週の土曜日に、子供の小学校の運動会がありました。運動会といえばお弁当。普段とはちょっと違ったメニューを考えて子供に提案してはみたものの、子供からは「いつもと同じものがいい!」と言われてしまい、結局、普段と変わらないとっても地味なお弁当メニューとなってしまいました。今月6月は食育月間。日々の食事は大事ですが、作る方も気負わず、みんなで楽しく食べるのが一番なのかもしれませんね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です