果実の遺産帰属性と言うと専門適用後なので分かりづらいですが、果実とは、利益と置き換えて読んで見ましょう

果実の遺産帰属性 積極説と消極説

法律的考えで 事例になります

 

果実(利益)が遺産に属するか否かの問題について、

 

遺産から生じた果実は遺産の自然的措大であり、遺産と同一視できるとし、

 

当然に遺産分割の対象となるとする積極説の考え方があります。

 

この考え方によると、相続後に遺産から生じた果実は遺産分割の対象になり、

 

常に遺産分割の審判事項になることになります。

 

しかし、この考え方により果実を常に家庭裁判所におげる遺産分割の審判事項と

 

することは、果実の存否や数量を細かく家庭裁判所で認定しなくてはならないこ

 

とになり、遺産分割につき迅速な解決ができないことになるという批判がなされています。

 

そこで、基本的には果実は遺産ではなく果実の分割は遺産分割手続きとは別個に

 

訴訟手続ぎでなされるものとしつつ、一定の場合に遺産分割手続ぎで果実の分割も

 

なしうるという考え方が有力になっています。

 

この遺産分割手続きで果実の分割もなしうる一定の場合がどのような場合であるかについて、

 

2つの考え方があるようです

 

利益等が遺産に属するか否かの問題について、遺産から生じた利益等は遺産の

 

自然的措大であり、遺産と同一視できるとし、当然に遺産分割の対象となると

 

する積極説の考え方があります。この考え方によると、相続後に遺産から生じた

 

利益等は遺産分割の対象になり、常に遺産分割の審判事項になることになります。

 

しかし、この考え方により利益等を常に家庭裁判所におげる遺産分割の審判事項と

 

することは、利益等の存否や数量を細かく家庭裁判所で認定しなくてはならない

 

ことになり、遺産分割につき迅速な解決ができないことになるという批判がなされています。

 

そこで、基本的には利益等は遺産ではなく利益等の分割は遺産分割手続きとは別個に

 

訴訟手続ぎでなされるものとしつつ、一定の場合に遺産分割手続ぎで利益等の分割

 

もなしうるという考え方が有力になっています。

 

 

この遺産分割手続きで利益等の分割もなしうる一定の場合がどのような場合で

 

あるかについて、2つの考え方があるようです

 

1つは、利益等には多種多様なものがあるが、基本となる遺産の性質、利益等の発生原因、

 

種類、態様、時期、利益等の算定の難易などにより、客観的に審判の対象となるものと

 

ならないものが挟まるという考え方です。もうIつは、相続人全員が利益等を遺産分割の

 

対象とすると含意した場合にかぎり、遺産分割の対象とするという考え方です前者の

 

考え方に対しては、遺産分割の対象となる利益等とその対象とならない利益等とを

 

区別する明確な基準が立てにくく、相続人は遺産から生ずる利益等をどの手続ぎに

 

よって分割を求めるべきか迷うことになり、相続人の権利の保護に欠げるという問題点があります。

 

そこで、相続人全員の同意があった場合にかぎって利益等を遺産分割の対象と

 

することを認める後者の考え方が有力であり、家庭裁判所においてもこの考え方に

 

治った運用が一般的になっているようです。

 

 

 

遺産分割協議の対象とする同意が得られない場合

 

賃料等の利益等を遺産分割協議の対象とすることについて、相続人全員の同意が

 

得られない場合、賃料等の利益等は誰のものかにつき、従前は判例の考え方が

 

分かれていました。すなわち、遺産分割によって特定の財産を取得した者が、

 

相続開始のときに遡ってその財産の利益等 (賃料)を取得するという考え方と、

 

遺産分割が成立するまでに遺産から生ずる利益等 (賃料)は、各共同相続人が

 

その相続分に従って取得するという考え方です。最高裁は後者の考え方を取ることを明らかにしました。

 

設問で、遺産分割協議の中で賃料を誰のものとするか決められないときは、

 

遺産分割協議成立までの賃料は、相続人が相続分に従って取得します。

相続人の中に相続分を越えて取得している人がいる場合、他の相続人は返還請求することがでぎます。

 

結 論

ご質問の貸地や貸家の相続開始後遺産分割までの賃料は、当然には遺産分割の

 

対象にはなりませんが、相続人全員が遺産分割の対象とすることに同意すれば、

 

遺産分割の対象として協議することができます。同意がえられないとぎは、

 

まず遺産分割の調停や審判においてできるかぎり遺産分割として一指して

 

解決できるよう相続人全員の同意を求め、それでも同意がえられないときは、

 

賃料を誰が取得するかについて別途訴訟が必要なこともあります。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です