借家権を相続することがで来ますか と言う問題に対しては次の事例の適用がありますがあくまでもケースバイケースになります。

内縁の妻の居住権の間題はどの様になるのかがありますので

借家権が相続の対象になるということになると、借家人である被相続人と同局していた

 

内縁の配偶者や事実上の養子は、引続き借家に居住することはできないのではないか

 

ということが問題になります。内縁の配偶者は、婚姻届は出していないが実質的には夫婦と

 

同様の関係にある者、事実上の養子は、養子縁組届を出していないが実質的には親子と同様

 

の関係にある者です。いずれも相続権はありません。借家権を相続できない内縁の配偶者や

 

事実上の養子は、家主や相続人からの明渡請求に応じなげればならないかという問題がおこります。

 

この問題について、相続人がいない場合には、立法的に解決が図られています。すなわち、

 

昭和41年に新設された借家法7条の2により、相続人がいない場合には、内縁の配偶者や事実上

 

の養子が、亡くなった借家人の権利義務を承継することが認められました。平成4年8戸1日から施行

 

された借地借家法36条によっても同様です。この場合には、内縁の配偶者や事実上の養子が反対の

 

意思表示をしない以上、借家人の地位はそのまま内縁の配偶者や事実上の養子に引き継がれます。

 

内縁の配偶者や事実上の養子は、借家契約の借家人の地位を引き継ぐことを認めて家賃を支払えば、

 

家主からの萌波請求に応じる必要はありません。

内縁の妻の居住権と借家権の相続との関係

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です