相続対策3つのポイント マニュライフ生命保険代理店から

マニュライフ保険 代理店の当事務所から

 

相続対策3つのポイント
日々生活で負担の少ない相続を実現するために、事前の対策が重要です。
3つのポイントで将来の相続に備えることをおすすめします。

1相続が発生したときに、相続税を円滑に納税するためにも、
ある程度の財産は保険や預貯金など流動性の高い金融資産でもっておくことが大切です。
Ⅰ保険や預貯金などほ不動産などと比べて分割がしやすい
ので、「相続手いを避ける」という意味でも流動性質金を確保しておくことほ重要です。

①相続税負担を軽減するためには、不動産を高度活用したり、生前贈与を活用
して相続財産そのものを減らしたりする方法が一般的です。
現金を「保険」に替え、「生命保険金の非課税枠(500万円×法定相続人数)」
を利用することで、遺産評価額を下げる方法もあります。
②「手続」を避ける方策のひとつは、あらかじめ「どの資産を誰に相続するか」を
生前に決めておくことです。
③遺言書を準偏しておく方法もありますが、生命保険を活用し、受取人を「受け
渡したい人」にしておく方法もあります。

 

「手続」を避けるとともに、できる限り負担の少ない相続を実現するには、
早い段階から計画を立てておくことが大切です。「相続サポートワービス」が、
相続計画の策定から相続の完了までトータルにサポートといたしておりますので
ご相談下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です