相続税納付準備の戸籍が収集出来たので金融機関の残高証明を

相続税がかかる相続を手伝っていますが、関係者の戸籍の収集が全て

終了したので預貯金の過去10年の残高証明等を収集します。

昨日のテレビでも言っていましたが相続で一番分けられないのが

固定部質である、不動産、自動車、骨董品などのものでそれらをどの様に

分割するか相続財産として綺麗に分割できるかは相続人の話し合いに掛かって

いるので、今回のように不動産が1つで、その他は全て金融資産であった

ので、苦労しなくて財産分けをすることが出来ましたが、それでも相続を

受けた人は相続税の納付が終わるまでは終わった心地がしないと言って

いますから、予定しない相続財産を受けた方も浮かれてばかりはおられない

という事でしょうか。

今回のお手伝いをしている方々の相続税は税理士さんが概算計算をして

概ね800万円程度になる事が分かっています。

独りにすると200万円程度の相続税を納めることになりそうです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です