相続税の計算を速算と保険活用で思った額以上に

相続財産を遺した方は、無くなってからは相続税の支払いは考えなくてもいいのですが

相続で残された家族や相続人は相続税の事も考えなければならないので、今回扱っている

家庭の相続税と保険を使った場合の圧縮程度を計算した。相続人は4人で資産は1億円で

1億から相続税の基礎控除と家算すると

3,000万円+600(4人)=5,400万円の控除で残金4,600万円

4,600万円だと法定相続5,000万円以下なので税率20%なので

4,600円×20%=920万円-200万円= 720万円となる

一方事前に保険を使って、一人の限度額500万円×4人=現金2,000万円

を一時払の保険金にすると保険の一人の控除は相続税にはかさんされないので

1億から8千万円になる。

8,000万円の財産総額とすると

8,000万-5,400万=2,600万円×15%=390万円ー50万円=340万円となる

圧縮した場合だけでも720万-340万=380万円の得で

更に

つまり総額1億円の財産を事前に保険の一時払を使って総額を圧縮しておくと

2,000万円+380万円=2,380万円の得という計算になる。

保険の受取は保険のかけ方で、一時所得、雑所得、贈与になる場合も有るので、

全て上記の様になるとは限りませんが、かなりの税金対策になるのは間違いないはずである

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です