産業廃棄物処理基準

産業廃棄物を処理(収集運搬、中間処理又は最終処分)するときは、その処理過程ごとに定められた処理基準に従わなくてはなりません。
収集運搬基準(令第6条第1項第1号、第6条の5第1項第1号)

(1)産業廃棄物について

1.産業廃棄物が飛散・流出しないようにすること。

2.収集運搬に伴う悪臭・騒音・振動によって生活環境の保全上支障が生じないように必要な措置を講じること。

3.運搬施設を設置するときは、生活環境の保全上支障が生じないように必要な措置を講じること。

4.運搬車両、運搬容器等は、産業廃棄物が飛散・流出・悪臭が漏れるおそれのないものであること。

5.運搬車両の外側に、識別しやすい文字で次のとおり鮮明に表示すること。

産業廃棄物収集運搬車(5cm以上の文字)
氏名又は名称及び許可番号の下6桁以上(3.2cm以上の文字)
※自社の産業廃棄物を運搬する場合も表示は必要ですが、許可番号の表示は必要ありません。

【表示例】
産業廃棄物収集運搬車
業者名(氏名又は名称)
許可番号000000

6.運搬車両に次の書面を備え付けること。

a.事業者(自己運搬)
氏名又は名称及び住所
運搬する産業廃棄物の種類及び数量
運搬する産業廃棄物を積載した日並びに積載した事業場の名称、所在地及び連絡先

b.収集運搬業者
産業廃棄物収集運搬業許可証(写し)
産業廃棄物管理票(マニフェスト)

※産業廃棄物収集運搬車への表示・書面備え付け義務の詳細についてはこちらを参照してください。

石綿含有産業廃棄物については、破砕することの無いよう、パッカー車への投入を行わないこととし、他の産業廃棄物と混合しないよう仕切りを設ける等必要な措置を講じること。

(2)特別管理産業廃棄物について
上記に加えて
8.特別管理産業廃棄物による人の健康又は生活環境に係る被害が生じないようにすること。
9.特別管理産業廃棄物が他のものと混合するおそれのないように、区分して収集運搬すること。

(3)積替え・保管について

事業場から搬出されるまでの間、一時的な保管、収集運搬における保管及び処分における保管は、保管に関する基準(保管基準)に従わなくてはなりません。
廃棄物の保管にあたっては、その期間は極力短期間とし、廃棄物の分別を行うとともに、飛散、流出、地下浸透し、悪臭が発散しないように適正な管理を行わなければなりません。
保管基準の詳細についてはこちら

中間処理基準(令第6条第1項第2号、第6条の5第1項第2号)

産業廃棄物の焼却、乾燥、破砕等を行うときは中間処理に関する基準に従わなければなりません。

最終処分理基準(令第6条第1項第3号、第6条の5第1項第3号)
産業廃棄物の埋立を行うときは、埋立処分に関する基準に従わなければなりません。

受託した産業廃棄物の性状については、委託契約書等により必ず確認してください。

産業廃棄物の許可申請を受けたい方は下記電話番号にお電話下さい